Blog

高級食パンですか?

6月開店に向けて準備してると、「何の店を始めるのですか?」から始まり、ここ数年の「高級食パン」ブームもあって、こんな会話のやり取りがよくあります。

食パンやさんを開店します!

高級食パンですか?

いいえ、

健幸になる食パンやさんです!

ほとんどの方が「高級食パンですか?」と返事が返ってきますが、わたしは「健幸になる食パンやさんです!」と答えます。なぜ高級食パンではなくて、健幸食パンなのか?健幸食パンって何なのか?について書きたいと思います。

結論から言うと、私が提供する健幸食パンは、今までにない食パンのあり方・全く新しい価値を提供したいと思ったのがきっかけで、これからの時代は「健康」に対してさらに世の中の意識が高まるのではないかと考えました。

既に食パンは、たくさんの方が朝食やランチにサンドイッチとして食べています。スーパーでは大手の食品メーカーが大量に食パンを生産し、販売するため非常に安価にて食べることができます。ですが、大手メーカーは、使っている原材料や製造工程など、つくり手の「顔」や「様子」は見えないのが現状です。パン好きな消費者は、より美味しく、安全で、ちょっと贅沢な食パンを求めるようになりました。それが高級食パンと呼ばれているものです。

余談:全国的に行ったアンケートによると夕方に購入して夕食や夜食に食べている人も結構いるようです!

私は開店するにあたり一年ほど前から、どんな食パンが好まれるのだろう、これからの社会に必要な食パンの価値とは何か?を考え続けてきました。

その結果、「健幸」というキーワードを見つけました。わたしが考えた造語です。健康と幸せをかけあわせた言葉ですが、美味しいものを必要なだけ食べて、健やかにそして笑顔が生まれ、幸せを感じる、そんな循環ができれば、食を通じてより豊かな社会になっていくのではないか、と考えるようになりました。

その基盤となるのが家族というコミュニティです。社会の中での一番小さなコミュニティです。おじいさんやおばあさん、子供に、ご主人に美味しくて身体によいものを食べさせたいと、皆考えていると思います。そんな思いやりから身体によい食材を選び、食の質をあげていく、その傾向はこれから益々強くなると考えました。

今までもそのような傾向はありましたが、くしくも新型コロナウイルスの蔓延により、社会が大きく変わろうとしています。

健康であることの重要性がより語れるようになり、意識に変化がありました。コロナウイルスは早く終息して欲しいですが、全くなくなるとは考えられません。また違うウイルスが発生する可能性も高いと言われています。目に見えない敵にたいして防御できるのは、健康で強い身体です。その他にも生活習慣病や日本が抱える問題がたくさんあります。

それらをクリアするには、一人一人が意識を変えることが重要で、なおかつ家族というコミュニティーの中で支え合う必要があります。

その一助になれば嬉しいと願い、このご時世の中「健幸食パン」の開店を心に決めました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。