玄米食パン

毎日の100円で手に入れる健幸!

当店の食パンの特徴は、ふっくらもちもちの食パンの魅力と栄養価の高い玄米が混入されているところです。食べるたびに楽しみながら身体が整えられる健康食品であるということです。今までにない全く新しいカテゴリーの食パンで、味へのコダワリはもちろんのことですが、食べるほどに健康になっていく食パンです。同時に家族やパートナーの幸せに繋がっていく「健幸食パン」です。

スーパーに並んでいる食パンに比べれば高価ですが、それでも1枚あたり100円ほどです。口に入れるものだからこそ安全で、身体をつくる健康食品としては、とてもリーズナブルで効率のよい食品です。

「治療」から「予防」へ

少し難しい言葉ですが最近「予防医療」と謳われるようになってきました。簡単に言うと病気になってから治す治療ではなく、「予防」で病気にならない状態をつくって、進行を食い止めるという考え方です。世の中は確実にその時代へ移り変わろうとしています。

そんな時代背景と新型コロナウィルスの蔓延により健康への意識が上がってると感じます。ですが、細かな栄養管理をしながら、レシピを考えるのも大変です。それが毎日となると続かないのではないでしょうか。そこで調理も簡単、しかも栄養価の高いバランスのとれた食事を摂りたい。そんな願いを叶えるのが「玄米食パン」です。

もちろん、食パンとしての食べやすさ、手触りや香り、軟らかさを追求した美味しい食パンです。玄米特有の青臭さもありません。だから毎日食べられる最高の食材です。

玄米食パンの利点・玄米の効能について

 身体のすべてを司る脳を活性化させるにはブドウ糖が必要 です。食パンにはブドウ糖が含まれており血糖値がすぐに上がります。即効性はありますが、持続性がない特徴を持っています。一方、お米は血糖値はすぐに上がりませんが、高い持続性があります。その両方の利点を生かしたのが玄米パンなのです。

 玄米の効能としては、オリザノールという成分が含まれています。この成分は動物性脂肪を欲しなくする働きがありますので、不要な動物性脂肪を摂取しない体質をつくっていきます。なので、玄米を食べていると油の代表格であるジャンクフードも食べたくなくなるのです。

そして、更に玄米にはセカンド効果という優れた機能があります。一度食べたらしばらくはその効果が続くというものです。毎食玄米を食べる必要はなく、一日に一回でも良いのです。一回食べておくと一定期間抑制作用が働きます。なので、朝の摂取がオススメです。朝に玄米食パンを食べておくと一日オリザノールが働いてくれて健康を保ちやすい体質を維持できます。玄米食パンは脳の活性化と健幸への一歩です。

©  健幸食パン All Rights Reserved.
PAGE TOP